相続税の税務調査を「緊急」サポートできる税理士はここ

このページはプロモーションを含みます

相続税でお悩みの方は税理士ドットコムに今すぐ相談がおススメです。平日の夕方以降や土日祝日も相談可能な専門税理士を紹介してくれます。特に相続税の税務調査早急に申告ミスを確認・対応策を練なければなりません。まずは税理士ドットコム の無料相談をして問題解決に近づきましょう。

完全無料で使える
全国対応
24時間相談フォーム受付中

突然の税務調査…
ヤバい、相続性かな?
逮捕とかされちゃう?

相続税に関するトラブルは緊急で対応しなければ致命的な損害になります。

  1. 相続税法違反
    • 相続財産を隠したり、故意に過少申告をした場合、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、あるいはこれらの併科。
  2. 加算税
    • 故意に相続財産を隠した場合や過少申告をした場合、通常の税額に加えて、過少申告加算税(5%〜20%)が課される場合があります。
    • 重大な違反があった場合には、更に重加算税(40%)が課されることもあります。
  3. 無申告加算税
    • 申告期限内に相続税の申告を行わなかった場合、無申告加算税が課され、これは税額の20%です
  4. 延滞税
    • 税金の納付が遅れた場合、延滞税が課されます。これは日割りで計算され、納付が遅れた日数に応じて増加します。
  5. 社会的な信用の失墜
    • 脱税が公になった場合、その人の社会的な評価が損なわれ、信用失墜につながる可能性があります。

税務調査があるということは「何らかのミス」が発生した可能性があります。たとえ故意でなかったとしても、金額・ケース・理由によっては刑事事件になるかもしれません。つまり、すみませんでは済まされない出来事だということです。

相続での税理士選びなら税理士ドットコム

相続税の悩み解決への心構え

難しいことはプロに任せましょう。あなたの大切な事業や家族を守るためにも今すぐ無料相談が何よりも大切です。

  • スピードが命
  • 専門家に任せる
  • 嘘をつかない
  • プロに任せる

税理士ドットコムへ無料相談

突然の税務調査に困る人は多数

税法改正により悪意のない税金逃れ…と判断されるケースは多々あります。近年は特に法改正が沢山あるので税務調査専門の税理士に相談する人は非常に増えていきます

  • ご親族の相続
  • 確定申告無申告

税理士ドットコム であなたの近くの税理士に相談することができれば問題解決のみならず、今の精神的な不安からも解消される可能性が高いです。

完全無料で税理士が探せる
上場企業が運営
30秒で問い合わせ可能

【体験談】税務調査を乗り切った

無事に税務調査を乗り切れました

確定申告が終わってひと段落ついたと思ったら、突然税務署から電話が…。正直、税金については良くわからなかったので混乱しました。税務職員にどんなに話をしても細かい内容を教えてくれなかったです。色々ネットで調べて「相続税ってどうすればいいのかな…」とウジウジと考えていましたが結局解決できず、税理士ドットコムで近所の税理士さんを紹介してもらいました。そしたら、相続手続きや確定申告のミスが見つかりました。この時やっと肩の荷が下りた感じがしたと思います。そして、税務調査当日も税務署職員との話し合いに参加もしてもらえました。結果は価値観の違いによる修正申告で済み、加算税などもありませんでした。しかし、税理士ドットコムで税理士を紹介してもらえなかったら、正しい申告をすることができず本当に全て終わったかもしれません。改めて、いざという時はすぐに専門家に相談するのが何より大切だと気付きました。

S・Oさん(埼玉県/54歳/会社員)

税務調査の不安は税理士ドットコムへの無料の税理紹介で解消できるはずです。無申告での税務調査のみならず、捉え方の違いによる税務調査のケースも多々あります。税務調査当日になるまでは、なにが問題だったのかは素人では分からないことが多いです。だからこそ、税務調査専門の税理士の視点での判断が必要となります。最新の税法の情報を把握しているプロにアドバイスor交渉してもらい、あなたの大切な事業や家族を守ってもらいましょう

まずは無料相談ができます。
今の心のモヤモヤを今すぐ解消しましょう。

相続税の悩みが解決
圧倒的に費用を抑えて税理士に依頼可能
24時間相談フォーム受付中

補足

相続税が完全に無申告の方も相談可能です。